沿革・保育方針

沿革

ひおき保育園は、昭和23年4月に開園した名古屋の民間の保育園としては最も古い保育園のひとつです。当初は宗教法人が経営を行っておりましたが平成17年に社会福祉法人 ふたば会へと経営移管しております。
現在の園舎は平成18年7月に全面改築をおこない、耐震性にも優れ、今の保育のニーズに合った環境を提供できる比較的新しい建物となっております。
長い歴史の中で培われてきた保育の質と現在の保育ニーズに応えられる物的環境を完備しておりますので、ソフト面とハード面が一体となって、子どもたち・保護者をサポートしていきたいと思っております。

保育方針

「元気な子・やさしい子・がんばる子」

元気で明るく朗らかに力いっぱい自分を表現し、自分が好きになる子(自己肯定出来る子)に育つ。
自分のことは、自分でやろうとする子に育つ。
小さい子、弱い立場にある人にも思いやりを持てる子に育つ。
困難にぶつかった時、どうしたら解決できるか、自分なりに考えて、努力し、行動する。
日常生活に必要な言葉を学び、豊かに正しく使える子に育つ。
バランスのとれた給食をお友だちと楽しくいただき、好き嫌いをなくし、食事のマナーを身につける。